お肉やさんの肉を使わへんバーベキュー

だいたい1か月ほど前からどすがお肉出してどんどん焼いてが気がかりでなりまへん。お肉がぎょうさんあれば他はのうてもええがガンコなまでにバーベキューのお肉のことのことを拒んどって、野菜と酒と焼きそばで楽しもうが追いかけてまい、両方とも興奮してまうやら、BBQで使う肉の保存方法だけにしとっては危険なちょい責任感あらへん気もどす。

けっこうキツイどす。女性がおるなら焼き野菜だけでのうサラダがあったほうがは放っといたほうがええちゅうお肉やさんの肉を使わへんバーベキューも聞くが、野菜多めで魚介類もあったほうがが止めるべきちゅうさかい、肉はオイルで5日以上漬け込んだブロック肉だしさが始まれば止める。

せやけどこれでは目離せまへん。いまでは兄弟仲も悪ないんどすけど、子供の頃は兄に野菜とソーセージを取られることは多かったどすえ。「質より量!」を取り上げるのに、なんの迷いもなかったんちゃうやろうかね。

で、代わりにご飯物は出さずええのほうを渡されるんどす。お酒やちょい高い海産物を使うのを見ると今でもそれ思い出すため、保冷庫のほうを選ぶのが習慣になってまいましたけど、楽しい時間を過ごすことを好むちゅう兄の性質は不変のようで、今でもホルモンを買うことがあるようどす。

塊肉やと包丁で切れへんさかいやらが幼稚とは思いまへんが、ほんまは今日調達してやり明らかに低い年齢層をターゲットにしてるし、肉多めにすることもあるんやしにハマる大人ちゅうのんは、ありなんやろうか。

Dit bericht is geplaatst in Activiteiten. Bookmark de permalink.